2018-01

2月おけいこ日変更のお知らせ

2月のおけいこ日カレンダーに変更がございます。

 

5日→ お休み

27日→ 10:00〜20:00

 

ご了承くださいませ。

2018-01-31 | Posted in Information

 

人生の先輩に教えられたこと

 

こんにちは。芦屋の日本舞踊教室「穂の花 honoka」です。

 

昨日は民謡の会にお誘いいただき、拝見してきました。

恥ずかしながら私は民謡の知識がほとんどなくて、せいぜい「ソーラン節」と「黒田節」くらいしか知りません。師匠のお稽古も古典舞踊中心でしたので、教室の生徒さんにも民謡は教えたことはありません。観るのも昨日が初めてでした。

 

まず、番組の数がものすごいですが、古典と違って一つ3分ほどですのでサクサク進みます。 

 

全国各地、こんなにたくさんの民謡があるんですね。

 

唄と三味線演奏

 

お扇子の踊り

 

色とりどりの布を入れ替わり立ち替わりして編み込んでいく踊り

 

アップテンポな曲も多いので、観客も体を動かしリズムをとったり、手拍子したり。

ご出演の方々は見たところ私の親世代かもっと上の様子でしたが、みなさんとてもお元気で、楽しそうで、生き生きしていてまぶしい程でした。

出番前にお仲間同士でハチマキを直しあっている姿などを見ると、失礼ながら可愛くてなんだかほっこりします。

 

正直、踊り=仕事になると楽しいことばかりではありません。そんな中「まず楽しむ」という基本姿勢を思い出させていただいた1日でした。

ご出演の方々のまぶしい笑顔を、ずっと忘れないと思います。

 

日本舞踊教室「穂の花 honoka」では、生徒さん募集中です。

今年は何か新しいことにチャレンジしてみませんか。どうぞお問い合わせください。

 

***神戸・芦屋・西宮の日本舞踊教室「穂の花 honoka」***

2018-01-30 | Posted in Blog

 

衣装あれこれ

 

こんにちは。芦屋の日本舞踊教室「穂の花 honoka」です。

 

寒い日が続きますが、おけいこ場は暖房に加えて踊ると体がポカポカするので、生徒さんたちは一年中浴衣です。

「浴衣」は薄くて軽くて動きやすくて洗えておけいこには最適なのですが、それに慣れてしまうと「着物」で踊るととても踊りにくく感じてしまいます。袷(裏地付き)で、長襦袢も重ねて、帯もお太鼓結びとなると、浴衣の軽装とはかなり感覚が違って来ます。

先日、長唄「蓬莱」をおけいこ中のCさんに、私の成人式の際の振袖を着ておけいこしていただきました。

 

 

いつもは元気いっぱい大きな踊りをされるCさんですが、振袖を着るとやはり動きが小さくなって、少しぎこちない感じ・・帯も幅広だから立ち座りも大変です。

普段のおけいこは浴衣でも、少し改まった場所で踊るとなると着物ですし、本舞台になるともっと重い着物と帯、それにカツラもつけますので、観客の目には体の動きが自分の思っている半分以下に見えているかもしれません。

たまにはこの様なおけいこもして、着物での動き方にも慣れていってもらいます。

 

日本舞踊教室「穂の花 honoka」では、生徒さん募集中です。

新年、何か新しいことにチャレンジしてみませんか。どうぞお問い合わせください。

 

***神戸・芦屋・西宮の日本舞踊教室「穂の花 honoka」***

2018-01-24 | Posted in Blog

 

もうすぐ松の内

 

こんにちは。芦屋の日本舞踊教室「穂の花 honoka」です。

 

年明けから早いもので2週間が経ち、今日で生徒さんたちも一通り初稽古を終えました。

「今年もよろしくお願いします」というご挨拶も今日で一段落です。

関西では松の内の15日まではお飾りをしておくべきなのですが、近頃では3が日で早々に片付けてしまうお家も多くさみしいものです。

 

年始には大目標・中目標・小目標を立てます。

「大目標」は5年後くらいにこうなっていたい!というちょっと高望みな夢

「中目標」は今年中に達成したい!という頑張れば届きそうなゴール

「小目標」は月ごとのプラン作り

 

夢は大きくいろいろと書き出してはみたのですが、さてどうなるか・・・

「初夢札」を枕元に忍ばせたのですが、残念ながら熟睡しすぎで夢は見ませんでした。

 

 

上から読んでも下から読んでも同じ、回文になっていて、長唄「七福神」の歌詞にも使われています。

 

もうすぐお正月も終わり。来週からは平常に戻り、フルエンジンで頑張ります!

 

***神戸・芦屋・西宮の日本舞踊教室「穂の花 honoka」***

 

 

2018-01-13 | Posted in Blog

 

2月おけいこ日カレンダー

2018年2月のおけいこ日はこちらでご確認ください。

2018年2月

 

1月はこちら

2018年1月

2018-01-10 | Posted in Information

 

松の羽衣

 

こんにちは。芦屋の日本舞踊教室「穂の花 honoka」です。

 

早いもので、昨年10月に常磐津「松の羽衣」踊らせていただいてから3ヶ月もたってしまいました。

(あらすじ)

羽衣伝説を題材にした能『羽衣』をもとに創られた舞踊で、漁師の伯了が松の枝に掛かる羽衣を見つけたところへ「返して欲しい」と天 女が現れますが、貴重な衣を手に入れた伯了は返そうとしません。羽衣なしでは天へ帰ることができない天女は悲しみますが、取り戻したい一心で「夫 婦になっても」と伯了に言い寄ります。伯了は喜び、羽衣を着て「天女の 舞」を見せて欲しいと頼みます。後半は踊り地で、扇子と掲鼓の踊りののち、花道を雲に見立てて天に昇る様 子を表現します。舞台では残された伯了が天を見上成げ、立ち去るところで幕とな ります。

 

天に帰れない悲しみ

 

漁師(伯了)役の花柳龍知郎先生と

 

中啓(扇子)の踊り

 

羯鼓(かっこ)の踊り

 

天へ帰る(花道)

 

以前から憧れのお役でしたので、大きな舞台で踊らせていただくことができ感無量です。

色々と反省点も多いのですが 、とりあえず大きな失敗はなくて良かったです。

これからも観客の皆さんに喜んでいただける踊りを目標に、精進しようと思います。

 

日本舞踊教室「穂の花 honoka」では、生徒さん募集中です。

新年、何か新しいことにチャレンジしてみませんか。どうぞお問い合わせください。

 

***神戸・芦屋・西宮の日本舞踊教室「穂の花 honoka」***

2018-01-07 | Posted in Blog

 

あけましておめでとうございます

 

こんにちは。芦屋の日本舞踊教室「穂の花 honoka」です。

 

昨年末は温泉とカニでゆっくり、年明けは初詣三昧で三が日が過ぎて行きました。

 

昨年5月に日本舞踊教室「穂の花 honoka」を立ち上げて、はじめて迎えるお正月です。

気軽に日本舞踊に触れて欲しい、決まり事やしきたりよりも「踊る楽しさ」を感じて欲しい、との思いで始めた教室に、同じ思いの生徒さんたちが集まってくれて、いろいろ不安はあるけど思い切ってはじめて本当によかった、と感慨深いです。

 

これからも初心を忘れず、「楽しかった〜!」と思っていただけるような教室を目指してがんばっていこうと思います。

本年も日本舞踊教室「穂の花 honoka」をどうぞよろしくお願い致します。

 

ただいま生徒さん募集中です。

新年、何か新しいことにチャレンジしてみませんか。どうぞお問い合わせください。

 

***神戸・芦屋・西宮の日本舞踊教室「穂の花 honoka」***

2018-01-04 | Posted in Blog