2017-05

日舞男子

 

こんにちは。花柳 旭弥(はなやぎきょくや)です。

 

五月晴れの日曜日でしたね。

今日は飛鳥流の若手ホープの舞台を見に行ってまいりました。

大学一年生男子。若い。

 

(お写真載せて良いか聞いてないので、ちょん切ってしまいました。ごめんなさい)

 

 

 

とにかくとってもベッピンさんでした。

黒地のお引きずりのお衣装、金地に桜のお扇子もセンスがいいですね。

 

 

日本舞踊というと女性のもの、というイメージがあるかもしれませんが、男性でおけいこされている方もたくさんいらっしゃいます。

私の所属する兵庫県舞踊文化協会では、男性舞踊家の群舞が目玉の一つとなっています。

 

日舞男子はモテます。

理由その1、所作が上品で、物腰が柔らかい

理由その2、着慣れているので着物姿が200パーセント増しでかっこいい

理由その3、男舞も女舞もおけいこするので、両方の気持ちがわかっている

 

神戸・芦屋・西宮の日本舞踊教室「穂の花 honoka」は、個人レッスンですので、男性の方も気後れなくおけいこしていただけます。

ぜひホームページから無料体験レッスンをお申し込みください!

2017-05-14 | Posted in Blog

 

おさらい会

 

こんにちは。花柳 旭弥(はなやぎきょくや)です。

 

今日は師匠のお稽古場のおさらい会が、大阪の料亭で行われました。

 

 

天王寺駅近くの賑やかな場所ですが、中に入るとそこが大阪の真ん中だとは信じられないほどの静けさです。

 

門弟と家族、お友達だけのこじんまりした、アットホームな会でした。

 

私は長唄「俄獅子」と、師匠と妹弟子と3人で長唄「君が代松竹梅」を勉強させていただきました。

 

ハプニングや失敗もありましたが、無事終えることができました。

 

このような小さな会でも気を抜かず、十分けいこを積んで臨まなければいけない、と反省しました(毎回終わった後はそう思っているんですが)。

 

長唄「俄獅子」

 

 

長唄「君が代松竹梅」

 

 

どんなに小さな舞台でも、人前で踊るというのはすごく上達します。うまくいっても、失敗しても、得るものは多いです。

 

神戸・芦屋・西宮の日本舞踊教室「穂の花 honoka」でも、1〜2年に一度、ゆかた会を予定しております。

 

まずはホームページから無料体験レッスンをお申し込みください!

2017-05-13 | Posted in Blog

 

金曜夜のお楽しみ

 

こんにちは。花柳 旭弥(はなやぎきょくや)です。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

私はほとんどテレビを見ないのですが、金曜日の夜だけは日本酒をちびちびやりながら、NHKの「にっぽんの芸能」という番組を見ています。

http://www4.nhk.or.jp/nippongeinou/

 

日本舞踊だけでなく、歌舞伎や能、邦楽など様々な古典芸能を紹介してくれるので、とても興味深いです。

 

今日は日本舞踊で「浜松風」という、先日お伝えした「汐汲」と同じ物語を題材にした舞踊を放送していました。

演者によるスタジオでの解説や、地方演奏の歌詞の字幕スーパーなど、至れり尽くせりでとてもわかりやすいです。

 

ぜひ一度ご覧になってください。

 

でも、一番はやはり劇場で生の舞台を見ていただきたいです。

臨場感、空気が全く違いますよ。

 

毎年10月には、私がお世話になっている兵庫県舞踊文化協会の舞踊会が神戸国際会館こくさいホールで行われます。

神戸だけでなく、芦屋、西宮、大阪でも舞踊会は数多く開かれています。順次お知らせしますのでぜひお運びになってください!

2017-05-13 | Posted in Blog

 

名取になるには

 

こんにちは。花柳 旭弥(はなやぎきょくや)です。

 

日本舞踊のおけいこを始めて数年経つと、「名取」になる、という選択肢ができます。

流派によって異なりますが、花柳流の場合は、試験を受けて合格すると「花柳 ○○」という芸名を名乗ることができるようになります。

これを「普通部試験」(師範になる試験は「専門部試験」)と読んでいます。

 

花柳流のホームページによりますと、

 

第1 受験資格について

1 満15歳以上の心身健全な者

2 花柳流を満三ヶ年以上、怠りなく学びたる者

3 他流の名を有する者は、当流の受験をする事は出来ません。

4 尚、受験合格後も、流則に準じ他流の名を有する事は出来ません。

 (中略)

第3 受験課目

 1 上級試験 常磐津「廓八景」、長唄「汐汲」

 2 初級試験 長唄「松の緑」、小曲「潮来出島」

但し、満55歳以上の者は「汐汲」に替えて常磐津「山姥」で受験することも出来る。

すなわち3年以上おけいこを頑張って、男踊りと女踊りの課題演目を幹部師匠の前で踊り、認められればOK!

将来師範になることは絶対ない、という方は2初級試験で受けられます。

もちろん名取になることがゴールではありません。むしろ芸道のスタート地点に立った、というくらいかもしれません。

でも合格した時の喜びはひとしおで、私が受験したのは今から23年前ですが、今でもはっきりと覚えています。

受験を考えていらっしゃる生徒さん、一緒に頑張りましょう!

神戸・芦屋・西宮の日本舞踊教室「穂の花 honoka」では、名取試験対策の指導もしております。

もちろん「私は芸名なんかいらん!」という方も大歓迎です。

無料体験レッスンのお申し込み、お待ちしています。

2017-05-11 | Posted in Blog

 

おけいこ日カレンダー

2017年6月のおけいこ日はこちらでご確認ください。

6月 おけいこ日カレンダー

 

5月のおけいこ日はこちらです。

5月 おけいこ日カレンダー

2017-05-10 | Posted in Information

 

おけいこ日カレンダー

申し訳ありませんが、都合により5月のおけいこ日を一部変更させていただきました。

こちらでご確認下さいませ。

5月 おけいこ日カレンダー

2017-05-09 | Posted in Information

 

日本舞踊 X 太鼓

 

こんにちは。花柳 旭弥(はなやぎきょくや)です。

 

前から楽しみにしていた舞台が、もうすぐ始まります。

東京からスタートで、関西では9月に京都で行われるのですが、

坂東玉三郎さんと太鼓集団「鼓童」のコラボで、世阿弥の世界観を表現するという、幽玄の舞台。

前作の「アマテラス」を見逃してしまっただけに、今回は絶対!と意気込んでいます。

 

花柳流のお家元を始め男性舞踊家も多数出演する予定で、

関西のお兄ちゃんたち(日本舞踊の世界では、先輩のことはお兄さん、お姉さんと呼びます)も、東京や鼓童の活動拠点である佐渡でおけいこ頑張っておられるみたいです。

 

ウェブサイトはこちら↓

坂東玉三郎×鼓童特別公演「幽玄」

 

神戸・芦屋・西宮の日本舞踊教室「穂の花 honoka」では、舞台鑑賞のヒントや見どころなども学んでいただけます。

自分が踊るのはちょっと・・でも日本舞踊を見てみたい!という方もぜひご連絡くださいね。

 

2017-05-08 | Posted in Blog

 

汐汲

 

こんにちは。花柳 旭弥(はなやぎきょくや)です。

 

GWもいよいよ最終日の夜。。悲しいです(泣)

 

 

このブログでは、日本舞踊をあまりご存知でない方にも親しんでいただけるよう、代表的な演目の解説も時々していこうと思っています。

 

今日は 長唄『汐汲』(しおくみ)をご紹介します。

 

須磨に流された在原行平と、馴れ染めた海女の姉妹のうちの「松風」が、京へ去った行平の名残を惜しんで、形見の烏帽子狩衣をつけて踊る、というお話です。

神戸〜京都と、関西感満載。松風さんが汐を汲んでいる海は、あの見慣れた須磨ビーチなのか、と思うと感慨深いです。

 

ツッコミどころ

①振袖のお引きずりで海に入る?ビチョビチョになるよ?

②全然海女に見えませんー!両桶にいっぱい水入れて担いで踊って、見かけによらず力持ちやね。

③月に見とれてるってことは夜でしょ。その時代街灯もないし真っ暗の夜の海に一人で入って大丈夫?

 

・・・・・日本舞踊は虚構の世界なのでお許しください。

 

変化に富んで、小道具の数も多く、長唄の曲も聞き応えのある華やかな演目です(フォロー)。

 

まず、花道から桶を担いで登場し、汐汲みの振り。

 

 

その後、能がかった中啓(大きめのお扇子のようなもの)を使った踊り。

さらに、手拭いを使ったクドキ(心情をしっとりと表現する段のこと)。

続いて、三蓋傘を使った踊り地(テンポの良い華やかな踊りの段のこと)。

 

三蓋傘とは、いっぺんに三段が開く便利(?)な傘。

 

 

最後に、行平さん思い出の烏帽子と狩衣を持って幕。

 

 

25年前のお恥ずかしい写真を引っ張り出してきました。

若い・・・ほっぺたがパンパンです。

 

兵庫県芦屋市にある日本舞踊教室「穂の花 honoka」は、このような本舞台に出たいという方も、教室のおけいこだけをマイペースで楽しみたいという方も、ご入会いただけます。

発表会出演を強制するようなことは一切ありませんので、ご安心ください。

 

ではまた明日から平常運転。がんばりましょう!

 

2017-05-07 | Posted in Blog

 

Why don’t you try Japanese classical dance?

 

Why don’t you experience Japanese tradition if you are in Japan?

 

Hi, my name is Kyokuya Hanayagi. I am teaching Japanese classical dance (Nihon Buyo) in Ashiya, Hyogo which is near Kobe and Nishinomiya.

 

Nihon Buyo has 200 year long history and the dance is Kabuki style. You will wear Kimono(or Yukata) and dance with fans.

 

Free trail lesson (one time only) is available now.

Please send me a message via “contact” page.  My website is all in Japanese however you can contact me in English.

 

Contact

 

I am happy to announce that a girl from U.S. just started to learn Nihon Buyo at my class.

I was so amazed because She wore her Yukata all by herself !!

 

…Don’t worry…I will teach you how to wear Yukata before you start dance lesson.  There is also rental Yukata for those who doesn’t have one.

 

If you start in May, admission fee is going to be FREE ! (usually 3,000 yen)

 

Let’s start NOW !!!

2017-05-06 | Posted in Blog

 

子供に伝えられるもの

 

こんにちは。花柳 旭弥(はなやぎきょくや)です。

 

今日はこどもの日でしたね。五月人形や鯉のぼり、柏餅などでお祝いされた方も多いと思います。

我が家は男の子がいないせいか、ひな祭りほどは盛り上がらず・・フツーの休日でした。

 

ふと考えました。大人が子供に与えられるもの、残せるものって何だろう、と。

財産を残し、教育を授けることはもちろん良いことだけど、私が子供に一番伝えたいことは、

 

「一生をかけて取り組める何かを持つことの素晴らしさ」です。

私の娘は「何か」を探す旅の途中なのかな。

 

ちなみにアイコンは、旭弥4歳の写真です。

 

芦屋の日本舞踊教室「穂の花 honoka」では、子供の生徒さんも大募集中!続けやすい料金設定で安心です。

2017-05-05 | Posted in Blog

 

着物ヘアいろいろ

 

時々聞かれる、「着物の時のヘアセットはどうしてるの?」

 

普段は自分でおだんごヘアにしていますが、ちょっとお出かけする時は、美容院でお願いしています。

 

大阪日本橋の雛罌粟(こくりこ)美容室 さん

「抱き合わせ」というスタイルです。

とてもクラシックな感じに仕上げてくださいます。

 

これは妹弟子ですが

こんな可愛い感じもアリです。

2500円〜とリーズナブル。

 

もう一軒のお気に入りは 大阪北新地 Twice Hairさん

プロフィール写真撮影の時もここでしていただきました。

 

時間帯によっては1500円と激安!そして素早い!

混んでいなければ、カーラーを巻く時間込みで20分くらいで仕上がります。

上手い、安い、早い、の三拍子揃ったお店です。

 

こういう伝統的な着物のヘアセットを上手にできる美容師さんが少なくなりました。

 

神戸の古いお師匠さんが、「昔は花隈や福原には芸者さんが多くいたので、髪結いさんも多かったんよー」とおっしゃっていましたが、悲しいことに今は面影もありません。

 

どなたか神戸方面で良い美容院ご存知の方、教えてください〜!

 

日本舞踊は着物が好きな方にピッタリの習い事です。

日本舞踊教室「穂の花 honoka」では生徒さん募集中!

2017-05-04 | Posted in Blog

 

ご近所グルメ <ドッグカフェ編>

 

こんにちは。花柳 旭弥(はなやぎきょくや)です。

 

日本舞踊教室「穂の花 honoka」は、JR芦屋、甲南山手、阪急芦屋川、阪神芦屋、いずれの駅からも徒歩でアクセス可能な便利な場所にあるので、周りにはお店がたくさんあります。

 

その中で、我が家の看板犬「花柳ころのすけ」と時々伺うのが、ご近所の「G Cafe」さんです。

 

暖かな日はテラスのソファ席でまったり〜

 

フードも本格的なので、ワンちゃん連れでないお客さんも多くいらっしゃいました。

 

私はロコモコをオーダー

お野菜たっぷりでヘルシーです。

ころのすけさんは野菜リゾットをいただきました。

 

無料体験レッスンやおけいこの帰りに、いかがでしょうか。

 

ただいま入会金無料キャンペーン実施中!5月末までです。

2017-05-03 | Posted in Blog

 

春の着物コーディネート

 

こんにちは。花柳 旭弥(はなやぎきょくや)です。

 

さわやかなお天気が続くGWいかがお過ごしですか?

お着物でのお出かけにぴったりの季節になりましたね。

今日は春らしい花柄に無地の帯を合わせました。

八掛(裏地)と帯とお花の色をリンクさせて、ごちゃごちゃしないように心がけました。

 

芦屋の日本舞踊教室「穂の花 honoka」では、「おどりのお稽古してみたいけど、浴衣や着物が着られない!」という方のために、着付けのレッスンも行っていますので、安心です。

 

日本舞踊教室の着付けは一味違います。

いわゆる大手の着付け教室が「美しく見せるための着付け」だとすると、「穂の花 honoka」でお教えするのは、「長時間着てても楽」「踊りまくっても着崩れしない」着方です。補正はほとんどしません。

女性誌風に言うと「こなれ感」「エフォートレス」な着方でしょうか。

この春は着物で出かけてみませんか。女子力・男子力アップ確実ですよ!

 

5月中にご入会されると入会金が無料です!

神戸、西宮からも通いやすい立地です。この機会にぜひ☆

2017-05-01 | Posted in Blog