Blog

扇供養

 

こんにちは。花柳 旭弥(はなやぎきょくや)です。

 

長年おけいこしていると、古くなったお扇子がどんどんたまっていきます。

お扇子の要(かなめ)が緩くなり、自動ドアのように勝手に開いてきたり、紙地が破れてきたり。

こうなったらもう新しいお扇子への替え時。

使い古したものは神社でお供養していただきます。

今日は神戸の「筒井八幡神社」の扇供養で、25年前入門して最初に使ったお扇子を供養していただきました。

 

 

この祭壇の横に火が焚かれ、日本舞踊関係者などが持ち寄った扇を一つ一つくべていきます。

初心を忘れず、芸道に精進しよう、と心を新たにしました。

 

神戸市中央区の筒井八幡神社

 

 

2017-05-15 | Posted in Blog