Blog

藤娘

 

こんにちは。花柳 旭弥(はなやぎきょくや)です。

桜が散ってしまった今、次のお楽しみは「藤」ですね。

お隣の西宮でとっても可愛い藤棚を見つけました。

思わず、この下で踊り出しそうになりました。

日本舞踊にあまり詳しくなくても「藤娘」って聞いたことある、という方もいらっしゃるかもしれません。

 

これです↓

 

日本舞踊の代表的な演目で、踊りをやっている人なら誰もが憧れるものの一つです。

大津絵から抜け出てきた藤の精が恋心を踊るもので、長唄の歌詞のことば遊びも楽しい曲です。

例えば、 ♫「いとし」とかいて藤の花〜 というところがあるのですが、

「い」を十(と)回 たてに書いて、真ん中に「し」と書くと、藤の花の形になる、という意味と、

「愛(いとお)しい」の掛詞になっているのです!

日本舞踊鑑賞の前に歌詞をチェックしておくと、面白さアップでおすすめです。

 

芦屋の日本舞踊教室 穂の花 honoka では、舞台鑑賞の際の見どころも学んでいただけます。

2017-04-28 | Posted in Blog